おれのにっき

何か問題でも

ここ数年のらりょすの雑コラ界、または雑コラが与える一般世間への影響について

f:id:windyakin:20171201212016p:plain

この記事は らりょす Advent Calendar 2017 の1日目の記事です。

私はらりょす雑コラ界の端くれとしてよくらりょすの雑コラを作っています。はじめたきっかけは特にありません。Twitter を見ていて流れてきた会話とかから「このシチュエーションを画像にしたら面白いんじゃないか」みたいな思いつきではじめたようにおもいます。

さて、話は変わりますが、2年ほど前に Tumblr 上にらりょすの雑コラを集積するページを作ってたんですが、らりょす本人がアカウント更新を休止していた(とはいっても時たま動いていたが)時期もあったりしたため、2年前を最後に更新が止まっていました。しかしながらこの度 らりょす Advent Calendar があるということで、せっかくの機会なので更新をさぼっていた2年ほどの雑コラ画像をまとめなおしてみました。

raryosu-zatsucolla.tumblr.com

それぞれの画像については各記事のDescriptionをみてもらうことにして、改めてこの2年を振り返ってみると、らりょす雑コラ界のターニングポイントも多かったなと思いました。

というわけで今回はここ2年の間にらりょすの雑コラ界で起きた大きなできごとを振り返ってみたいなと思います。

アルクッキーの襲来

http://raryosu-zatsucolla.tumblr.com/post/168076214815

第27回プロコン(鳥羽)のときに、クッキーに自分の好きな柄を印刷できるサービスをつかってらりょすが自分のアイコンを模したクッキーを作ってきました。オリジナルのらりょすクッキーは顔の部分が白色のペンチョコかなにかで描かれているのですが、印刷サービスでは白色が印刷できない(クッキーの表面がそもそも白色に近いもののため印刷してもわからない)ために何を思ったか黒色で印刷してしまいました。クッキーの表面と顔のイラストのコントラストがきついのと、黒色の縁取りが「らりょす教」を彷彿とさせてしまい、気持ち悪さが3割増しと言った感じでした。ちなみに私は実物を1つ食べたのですが、何故か「科学的の味がする」という感想が出ました。

らりょすNHKデビュー

http://raryosu-zatsucolla.tumblr.com/post/168076285565/raryosu-学生がオープンデータ活用-nhk岡山県のニュース

ある日、らりょすが津山市役所のオープンデータをつかった成果物のプレゼンテーションを行う様子とインタビューがNHKの地方ニュースで放送されました。報道から数日間はインターネット上で映像が見れたこともあって、もれなくコラ素材の対象にされはじめます。中でも「まだ発展途上だがLGTMと感じている」というテロップを挿入したコラ画像Twitterに流れると地味にRTされ、そのうちの何人かは本当にそのようなニュース報道があったと勘違いしてしまったようでした。

しかしながら映像素材そのものは長いものの、実写映像であったりテロップが予め挿入されている部分があったりすることもあってコラが作りにくいという致命的な欠点をかかえているためシリーズ化は余り行われていません。

動くemojiシリーズ

f:id:windyakin:20171201215804p:plain

Slackに登録されるemoji、らりょすの画像は正方形なので非常に扱いやすく、オリジナルはもちろんいくつかのコラ画像からの発展系emojiが登録されていました。そしてある日、emoji に gif 画像が登録できるということがわかるとそれまで「静」が主だったらりょすコラシリーズに「動」が加わわった「動くらりょす雑コラシリーズ」が作られるようになります。

「もはやあいつはemojiを作るときしかAfterEffectsを使ってないんじゃないか」と言われながらも、らりょすクッキーは壊されたり様々な回転軸で回されたり七色に光ったりと様々な扱いを受けます。

さいごに

らりょす雑コラ界隈は最初こそ「あんなのつまらない」「なにがおもしろいんだ」「内輪ネタだ」などと揶揄されることもありましたが、らりょす雑コラ界も大衆に歩み寄りを模索した結果、その汎用性が認められ最近では lgtm.in でコラ画像が勝手に登録される などその活動の場を徐々に増やしつつあります。これは非常に喜ばしいことです。

また私のような者がらりょすの雑コラのことを語るのは非常に恐れ多いのですが、個人的な持論として「雑コラ」の「雑」とはもちろん処理の面のことでもあるのですが、そのコラ画像を作る作者の心意気のことでもあるのではないのかと思っています。作る人に求められていることはそこで、決して高い技量やユーモアは求められていません。私はその極めて雑な心意気で作っているつもりであり、みなさんにも是非「雑」な心意気で雑コラを作ってもらいたいなと思っています。

らりょす雑コラ界ではあなたの雑コラを募集しています。ぜひ雑コラを作られた際にはTwitterにあげるのはもちろんのこと、こちらにもご寄稿ください公序良俗に逸脱しない範囲のものであればまとめページに掲載いたしますのでよろしくお願いします。

※このエントリは半分ぐらいフィクションです。